「仮想通貨とは」についてまとめてみました

概要

仮想通貨とは法定通貨(日本銀行が発行する紙幣や貨幣)とは異なり、実物が存在せずインターネット上で取引される暗号化されたお金です。仮想通貨というと電子マネーのようなイメージが持たれていますが、電子マネーはカードやスマートフォンに課金し、お財布代わりに使うもので、お金を持たずに決済する目的からクレジットカードやデビットカードに近い存在です。

課金したマネーを現金化するすことはできず、一度課金したら必ず使わなければいけませんが、仮想通貨であれば現金化も可能です。ある意味、株のような考え方で日本円で仮想通貨を買い、価値が上昇すれば仮想通貨を現金化します。購入価格と売却価格の差(キャピタルゲイン)を目的に市場取引する投機目的での暗号通貨となります。

また仮想通貨はブロックチェーンという技術が要であり、分散型サーバーで運営を行っています。銀行のように中央集権のサーバーですと、そこを攻撃されればお金が容易に盗まれてしまいます。また内部の者に資産を盗まれてしまうリスクもあります。仮想通貨はこのような銀行のリスクを無くすために分散されたサーバーで管理することを選んだのです。

問題点・改善点

現在、仮想通貨を取引する市場は複数あり、日本の場合ゼロ金利政策が続くことから人気が高まり、現金の価値を大きく超える状態となっています。仮想通貨にも大きな問題点があります。取引は株式投資や外国為替証拠金取引のような取引に関する細かな法整備が行われておらず、お金を預け仮想通貨取引をする取引所が倒産すると通貨と現金が消失してしまいます。

法整備が曖昧であることから利益に対する税を自己申告で行うも税率が不透明であるため、確定申告上の面倒が多いです。株式であれば業績等が判断材料となり、通貨の場合発行国の国内情勢や政治状況などが判断となるが、仮想通貨の場合判断材料が乏しくチャートのみとなるので下落の前兆が掴みにくいです。

金融庁との関係について

日本では2017年に仮想通貨取引を行う事業者が金融庁の許認可を受けることが義務付けられています。同庁・財務局の登録を受けた事業者が仮想通貨の交換業が可能となり、株式会社としての登録と資本金が1000万円以上、純資産がマイナスでないなどの条件をクリアした上で金融庁が定める金融商品取引法に基づき市場取引を行います。

取引所での市場取引が行われるも株式市場やFX市場のように国家の介入がないため、投資家は大きなリスクを背負い取引を行います。仮想通貨の仕組みや取り引きに関する様々な問題、リスクについて十分に投資家に理解させ、口座開設を促すことが金融庁からの指導されています。金融庁の登録を受けているか否かは金融庁のホームページで確認が可能です。

まとめ

まだまだ法規制や技術がこれからという問題はありますが、確実に我々の生活に役に立つものです。今回、仮想通貨とはについてまとめるのに参考になったのが「仮想通貨ドリーム」というブログです。特に法律の視点で捉えたときの参考になりました。仮想通貨は欧米に比べ、日本では決済として使えるお店がまだまだ少ないです。せっかくの新しい技術であり、お金なのですから使えなくては意味がありません。これは仮想通貨の問題というよりかは現金主義の日本の問題です。クレジットカードですら使わない人が多い現状があります。日本の場合、まずはスマートフォンで決済できる体験をいかに広めるかが先のような気がしました。

人気の仮想通貨、リップルの仕組みについて

リップルとは

リップルはビットコインのように国際送金を安く、早くできるというビジョンをさらに大きくした狙いがあります。それはあらゆる決済手段をリップルのブロックチェーンで結びつけてしまおうという構想です。クレジットカードやペイパル、銀行はもちろんのこと、送金や取引が世界視点で楽になります。例えばビジネスで日本とイギリスの取引があり、日本からイギリスに国際送金を行うとこれまでは2~3日かかることが普通であり、最悪届かないなんてミスもありました。これはあくまで人がアナログに行い、仲介のポイントがとても多かったのです。この時代に信じられませんが、銀行は進化することを止めていたのです。その結果ブロックチェーンが銀行代わりになり、銀行員がいならい時代になってきたのです。

リップルの仕組み

リップルの特徴として送金が早く、5秒ほどで相手に届くというメリットがあります。これはビットコインで時間がかかっていた承認作業を簡易的にした結果です。プルーフオブコンセンサスというアルゴリズムを採用し、リップルが選んだ承認者の80%が出した答えが正しいとされブロックチェーンに記録されます。

また冒頭で触れたあらゆる決済手段を結ぶというのがインターレジャープロトコル(ILP)というシステムです。これはエスクローという一時的にプールできるものがあり、全ての決済がきちんと確認できるまで一時預かりのような場所にトランザクションが入り、承認が降りれば送金先に資産が届く仕組みです。実際にはとてもむずかしい仕組みであり、プログラマー出ない限りそこまで理解する必要はないでしょう。

リップルの今後

リップルの懸念点はリップル財団が550億XRPを抱えていることです。ある時期に少しずつ売却していたことを明かしましたが、これからどうするかも不明です。2017年の12月にようやく高騰し、価格が一気に上昇しましたが2018年に入り仮想通貨全体の下落相場により大分価格は下がってしまいました。

しかしリップルのやろうとしていることは共感者が多く、時価総額ランキングも3位をキープしています。もう少し実際にXRPがどうのような形で使われるのか?提携銀行はリップルをブロックチェーンしか使わないのかがはっきりしない限り価格上昇は難しいでしょう。それでも私はある程度リップルに投資することを決めました。

マイニングとは?PCがあれば出来る不労所得

マイニングとは

マイニングとは仮想通貨の取引(トランザクション)をブロックチェーンに記録してもらう作業のことです。これは誰でも参加が出来ますが、効率よく稼ぐにはややハードルが高い部分があります。最近ではDMMやGMOなど大手もマイニング事業に乗り出しています。マイニングは仮想通貨すべての種類で採掘できませんが、ビットコインやイーサリアム、モナコイン、ビットコインキャッシュなどが対象です。日本でマイニングを行うと電気代が膨大にかかります。そのため電気代が安い中国や気温が低い北欧などの土地が選ばれています。組織で行うマイニングをマイニングプールと呼び、現在は中国のマイニングプールが半分のシェアを占有しています。仮想通貨は主に非中央集権を目指しているため、こういった偏りはとても嫌われています。そのため後発組の仮想通貨はマイニングに一工夫しており、最終的にい分散化できるように設計しています。

GPUとは

GPUとはグラフィックボードのことで、マイニングの要となっています。「Nvidia GeForce」、「AMD Radeon」といったメーカーが人気です。GPUとは3Dグラフィックを表示させるための計算をCPUに代わって行っているチップのことです。CPUは様々な処理をするのと違い、GPUは画像処理を専門に行っているのです。ビットゼニーという仮想通貨に関してはCPUのみでもマイニングが可能です。しかしビットゼニー自体の価格が低いため、あまり稼げないのがたまにキズです。

日本では稼げないのか?

例えば電気代が一定である、GPUを10枚以上買う資金がある、気温が低い北海道でやる、などの条件があればそれなりに稼ぐことは可能です。マイニングマシンを組むと20~30万ぐらいは必要で、減価償却に長いと半年はかかります。夏は熱気がこもるので、クーラー代がかかるため寒い地域が有利となるのです。

しかしうまくマイニングをやっている日本人はそれなりにいます。数は不明ですが、マイニング専門誌やブログを見る限り日本でも効率を求めて頑張っています。主に自作パソコンを作った経験がある方がやっていて、抵抗が全くないため楽しみながらやっています。一時期は秋葉原からグラフィックボードがなくなるなんて事件も起きました。

仮想通貨の取引所について

仮想通貨を取引するには取引所に日本円を入金する必要があります。機能的には銀行口座に近いので混乱することもないでしょう。日本円を入金できたら、欲しい仮想通貨を購入することができます。保持した仮想通貨が値上がり、売却して日本円に換金すれば自分の銀行口座に出金することも容易にできます。これが仮想通貨取引所の機能です。

では、いざ調べてみると取引所はたくさんあります。人気はbitFlyerやZaif、2018年ではDMMグループが参入してきました。さらに同年の夏を目途にSBIも取引所をオープンさせる予定があります。2017年5月に改正資金決済法が改正され、仮想通貨の取引所は金融庁へ登録が必要になりました。

海外の取引所では100種類もの仮想通貨の売買がされていますが、日本ではホワイトリストと呼ばれるものに仮想通貨が登録されないと上場できない決まりになっています。これは中国などが作る詐欺コインで、実質的にはなんの機能もなくお金だけ集めて逃げてしまう詐欺が流行った影響もあります。主に日本では時価総額が高い仮想通貨に絞られ取引ができるようになっております。

仮想通貨はどうしてお金として成り立つか?

仮想通貨を代表とするビットコインで説明していくが、大きくは「ブロックチェーン」と「マイニング」がシステムを支えているのと同時に信頼を保っています。それぞれどんな働きをしているのか説明していきます。

 

ブロックチェーンとは

ビットコインはP2Pの分散型サーバーで構築され、その記録はブロックと呼ばれるひとつの固まりにトランザクションが記録されます。トランザクションとは取引情報のデータと捉えてください。非中央集権ですので、ひとつがハッキングされてデータを改ざんされても正しいとされるデータが過半数あれば、その書き換えられた情報は間違いというふうに認識されます。

ブロックチェーンは現在の銀行のように中央集権でデータを守るのではなく、攻撃されても修復できるというアイディアが採用されました。

マイニングとは

マイニングとはブロックチェーンに新しい取引情報を記録するときに、整合性を保つ仕組みです。マイニングをする人をマイナーと呼びますが、基本的にはPCがあれば誰でもマイニングに参加することが出来ます。何台もあるPCで膨大な演算をし、多数決のように正しいと承認されてから初めてブロックチェーンに記録がされるのです。

ビットコインの場合は1番最初に正しい答えを出したマイナーに報酬が与えられます。ここまでの仕組みをプルーフオブワークと呼び、現在では中国のマイニングプールがマイニング報酬を牛耳っていますので非難を浴びています。ビットコインのマイニングは専用PCの方であるasicと呼ばれる専用機を中国のbitmain社が開発し、一時期は手が出せないものになっていました。

最近では日本の大手企業GMOグループやDMMグループ、SBIの3社がマイニング事業を開始している。既に億単位での報酬を得ているが、投資額が大きいため投資金回収にはまだ時間を要することが分かります。

まとめ

細かくいえばもっと仕組みは複雑ですが、専門家レベルになってくると話がつまらなくなるのでこのへんにします。ビットコインの仕組みを勉強しながら、よく構想を練ったなと感心させられます。これまではアメリカのドルが世界の基軸通貨でしたが、仮想通貨がその代わりになる未来がくるのでしょうか。まだまだ時間がかかるでしょうね。

仮想通貨取引について色々と調べてみることに

仮想通貨取引をする人にとっては、いずれの取引所を選んで口座開設を行なうのかが大切になるのです。数多くの取引所の中から、自分に合うところを選定してスタートしましょう。認知度が高くなってきた仮想通貨に関しては、投資という顔を持っているわけなので、儲けが出たというような場合は、手間が掛かりますが正々堂々と確定申告をすることが必要です。仮想通貨の売買をするつもりなら、国内有数の会社が関係している取引所が良いのではないでしょうか?ビットフライヤーなら意欲的に売り買いを行なうことができるものと思われます。

アルトコインとかビットコインなどの仮想通貨が円滑に売買することができるのは、ブロックチェーンテクノロジーと呼称されている仕組みが稼働しているお陰なのです。仮想通貨の取引をしたいという時は、ビットコインを購入しないとだめですが、元手がない人の場合は、マイニングにより無料で手に入れるといったやり方もあります。

一般の金融機関に黙ってお金を預け入れたとしても、全くもって利息が貰えないのはあなたもご存じのはずです。仮想通貨取引所であればリスクは否めませんが、無論多くのお金を獲得するチャンスも大いにあるのです。「売り買いをする都度支払う必要がある手数料が嫌だ」と考えているのであれば、手数料が掛からない販売所を探して、そちらで仮想通貨の購入をすれば良いのではないでしょうか?リップルを購入しようかどうかと検討しているなら、「いずれの取引所から買い入れるのが最善策であるのか?」、「一体全体いかほどからスタートすべきか?」などを十分考慮してからにした方が良いと思います。

仮想通貨の売買を行なうことができる取引所は複数ありますが、1つに絞るという際に決め手になる1つが手数料ではないかと思います。取引したい通貨の手数料があまりかからないところを選ぶようにしてください。

おまとめローンとはどういうものか

おまとめローンとは、複数のローンを一つにまとめることです。具体的には、いま複数の金融機関からローンを借りているとします。例えばA社から50万円、B社から30万円、C社からは70万円の借り入れがあるというケースを考えます。この場合、これらの借り入れ金の合計にあたる金額を別のD社から新たに借り入れます。つまりD社から150万円を新たに借り入れるのです。この時点ではA社からD社まで合計4社から計300万円を借りていることになるわけですが、これはそのままにするわけではありません。D社から借りた150万円で、既に借りているA社からC社までのそれぞれの借り入れを全て返済してしまうのです。これにより、A社からC社までの3社の借り入れは全て完済できることになり、結果としてD社だけの借り入れが残ることになります。これがおまとめローンです。複数の金融機関からの借り入れが一つだけにまとまってしまいました。もちろんこれは手品ではありませんから、複数のローンが一つにまとまったからと言って借入金の合計金額が減ったりするわけではありません。

上の例では借入金の合計はおまとめローンの前後でどちらも150万円であり変わりません。では一体何のためにこんなことをするのでしょうか。合計の借入額が変わらないのであれば、ただ単に手続きが増えただけで何の得にもならないのではないでしょうか。実はそんなことはありません。というのも、小口での借入金については比較的金利が高く、大口での借入金については比較的金利が低いことが多いのです。今回の例で言えば、例えばA社からC社までのいずれも100万円未満の比較的少額の借り入れでは年利18%くらいになっているかもしれません。一方で、D社でまとめて150万円を借りると年利15%くらいになることは十分にあります。すると、合計の150万円に対して金利の差である3%、つまり金額にすると4万5千円が年間の利息負担として安くなるということになるのです。これがおまとめローンの利点です。(おまとめローン

おまとめローンの比較にあたっての注意点

市中金利の低迷が続く中、何とかして収益を伸ばそうとしての顧客争奪戦、多くの金融機関がおまとめローンの勧誘に鎬を削っています。なにしろ1%~3%のあたりでうろついている市中金利の水準では、幾ら貸し出したとしても収益は知れたものです。一方、おまとめローンの場合、借換え元のカードローンの金利が最高実質18%までありますし、幾らか安めであるといっても15%程度は何とか維持していましたので、その相手先に対する借り換え金利の指値としては10%でも十分に顧客化できるはずですから、彼ら金融機関にとっては、借換えローンを組んでいただけるお客様は本当にありがたい上得意であるといえるのです。そのため、金融機関としてもいろいろと手を代え品を代えて、有利と思われるような条件を列挙して、自分のところに顧客を囲い込もうと躍起になってきているのですが、たとえば携帯電話やスマホの場合と同じように、各社の条件を比較しようとすると、色々な前提条件の違いや項目の違い、あるいは期間や契約内容の違いによって、すなおに横に並べて比較しようとしてもできないようになっているのです。ある意味、これは当たり前のことで、たとえばA社とB社の比較で他の事情がすべて同じ場合で金利が5%と10%に設定されていれば、百人が百人有利な方を選ぶのは明らかです。

そこで各社まるで示し合わせたかのように、他社と違った体系なり条件下での設定をして、単純な比較ができないようにしているわけです。どちらの金融機関も生き残らなければならないのですから、これは当然のことなのです。そこで、その中から選ぶためには少しテクニックを使います。これはレイティングと呼ばれる技法で、要するに比較できるようにそれぞれの数字を同じ基準に計算しなおしてみるのです。実際的には、すべて金額に引き直すのが一番わかりやすくなります。すなわち、5%と6%を比較するのではなく、現実にご自分の総負債を借り換えしたときに、月当たりあるいは年あたり、幾らの支出減になるか、あるいは幾らの利得が金利低減によって発生するのか、というように金額に換算して比較すれば、その結論が出るでしょう。

おまとめローンを選ぶ時の相談のポイント

長期にわたる日銀の金入緩和のあおりを受けて、市中金利も一向に上昇の気配がなく、多くの金融機関では収益が圧縮され、それへの対応策を練っています。一つには、口座利用による手数料収入を増やすための、まずその土台となる口座数の獲得のための方策として新規口座開設にはノベルティを振りまくこととし、続いては他の金融機関からの顧客の誘導と囲い込みに躍起になってきています。このような他の金融機関からの顧客の誘導において、最も有効な手段といえるのが、おまとめローンの開拓なのです。そういう意味では、おまとめローンを組んでくれる顧客は、金融機関にとってとてもありがたいお客様なのですから、しっかりとした返済計画が示せて間違いのない返済が見込める顧客であることを前提とすれば、いわば買手市場なのですから、ある意味堂々と金融機関に対応してしかるべきです。お金を借りる、ローンを組むからといって、卑屈になることは、まったくありません。

ですからまずは、一通りの資料を集めて、各金融機関の有利な点や不利な点をしっかりとまとめてから相談に行くのが、よいでしょう。相談に行くということは、その金融機関を他と比べて優先的に見ているとの意思表示に他ならないのですから、相談の主旨は、表向きのパンフレットに書いてある内容の比較だけではわからない、その金融機関にまとめることによる特段の有利な条件を示してもらうことです。パンフレットの内容の比較だけで決められるだけのことなら、何もわざわざ出かけて行って相談するには及ばないのですから。相談するにあたっては、こちらの債務の内容と過去の返済状況を直に説明して、おまとめローンを考慮した目的が毎月の返済額の軽減なのか、あるいは利率の低下を前提としての早期返済終了なのかを積極的に開示して、こちらから頼むのではなくて、金融機関の方から提案させに来たのだということを、相手方に得心させることが重要です。このようにすれば、相手方の方が知恵を絞って、貴方が納得できる条件でのおまとめローンの提案をしてくるはずですし、そうさせなければわざわざ相談に行く意味はないといえるのです。

無人契約機でしたら…。

カードローン、はたまたキャッシングには、何種類もの返済方法があって便利です。昨今は、ウェブ専門のダイレクトバンキングを通じて返済するという利用者が数多くいると聞いています。日常的な時を過ごしている中で、予想もしていなかった事態が発生して、いずれにしてもいち早くある程度のお金を準備しないといけなくなった場合に心強い味方になるのが、即日融資キャッシングだろうと思います。キャッシング申込はインターネット上で行ないますので、キャッシング業者に出掛ける必要ないですし、借りるお金が手元に来るまで、誰にも合うことなく終了させることができるので気分的にも楽ですね。アイフルは、さまざまなメディアでもよく見るキャッシングローンを前面に打ち出している会社です。さらに、即日キャッシングサービスを提供している実績も多い全国規模のキャッシング業者になります。

金融機関ごとに、即日融資は当然として、30日間の無利息期間設定や低金利サービス、この他には収入証明の提出は要さないなどの特長があるようです。ご自身にピッタリくる会社を見極めましょう。借金を申し込むと言ったら、バツが悪いという様な印象があるみたいですが、家や車など金額の高いものを買う時は、ローンを活用しますよね。それとほとんど一緒だと言えます。事前にプランニングしてやりくりしていたとしても、給料日間近になると不思議と何かとお金が出ていきます。そういったピンチに、迅速に現金を手にできるのがキャッシングです。最近人気の無利息キャッシングを行う際に、消費者金融会社次第ですが、初めて借り入れをする人に対してだけ無利息で30日間「貸し付け可!」というふうなサービスを提供しているところもあるのです。最低でも年収が200万円はあるという人だとすれば、社員ではなくバイトでも審査をクリアすることがあるようです。どうしてもお金が要る時は、キャッシングを利用するのも良いのではありませんか?

金利が抑えられているカードローンは、額の大きいお金が入り用の時や、長期間にわたって借入を行う場合には、月の返済額を圧倒的に少額にすることができるカードローンだと言って間違いありません。キャッシングをすることにしたら、保証人探しも不要ですし、それに加えて担保すら要りません。そんなふうだから、安心して申し込むことが可能なわけです。ネットを通じて申込を完結させるには、業者指定の銀行口座を開設しているなどの条件をパスする必要がありますが、身内にも友人にもシークレットにしておきたいと考える方には、ちょうどよいサービスに相違ありません。近ごろは、大手銀行関連の一定以上の規模を持つ消費者金融を筆頭に、いろんな貸金業を生業とする会社が、キャッシングに関しまして無利息サービスを謳うようになったのです。銀行が取り扱っているカードローンというのは、総量規制の対象とされていません。従いまして、融資をたくさん受けても不都合が生じることはないでしょう。融資の最大金額に関しましても1000万円と設定しているところがほとんどで、言うことない金額だと考えます。無人契約機でしたら、申込は当たり前として、お金を受け取るまでに求められる全操作をそこで終えることができます。並行してカード発行もされますので、次回からはいつでも自由に融資を受けることができるというわけです。