婚活サイトの噂の真相をチェックするブログ

副業に関する個人の価値観と収入面での相違点

婚活サイトの噂の真相をチェックするブログ

 

現在、インターネット社会もかなり進みさまざまな職業形態があるように思えます。なかでも、ポイント換金サイトという場所を以前利用させていただいておりました。ポイントサイトというのは、多数の業者のHPへ会員登録を行い、それに応じてポイントをゲット。というような形でポイントをためていき、一定のポイントが溜まれば換金が可能。といったものです。

 

しかしこのポイントサイトで換金するには非常に多くの会員登録が必要であり、また換金するための手数料として換金する額の半分近くが必要でしたので非常に効率が悪かったです。なにぶん当時は副業というものがどのくらいあるのか、また、仕事をしていた兼ね合いでダブルワークを行う時間もなかったので、ポイントサイト以外の選択肢がなかったというのもあります。

 

現在では、クラウドワークスといったように、入力やコンペを手軽に行うことができ、空いた時間に手軽にできる点でも非常に役立っております。このクラウドワークスでは「副業」という観点で考えれば、1日に得られる収入は非常に多いと思います。自宅にいながら1000円/日を稼ぐことができれば御の字かなと私は考えます。

 

あくまで個人の収入があるという大前提ではありますが、自宅で好きな音楽を聴きながら作業できるというのは自分にとって大きなプラスであり、またタイピングのスピードをあげたり、イラスト・デザイン等のコンペで自身のキャリアアップにもつなげることができるので、以前行っていたポイントサイトのように少ない金額を得るために時間を使い、登録作業を延々続けるよりもはるかに自身のためになっているのではないかなと考えます。

 

また、この金額を少ないと感じるかどうかは個人の価値観の違いかと思います。私は先に述べたようにこの金額はそんなに少なくないと思っており、普段は少し手が出せないようなレストランなどの食事の足しに使ったり、万が一にそなえて貯蓄に回したりと、活用方法は人それぞれかと思います。
参考:おすすめ副業ナンバーワン!毎月○万円を稼ぐ方法

 

 

副業としてブログライターとしての効率的な豆知識

婚活サイトの噂の真相をチェックするブログ

 

副業に対する豆知識というと、まず思いつくのはブログライターでしょうか。僕個人としては、そんなにネットに思い入れがなく、ブログを読むことも趣味で書く事もありません。ですので、割り切っているという感覚で、書いていると、タイピングと承認率の高いもの、そして一日いくら、と決めて取り掛かると効率ははかどります。

 

専業に何か仕事をしている人から見ると、バイトに出た方が得だとも思うかもしれませんが、空いた時間を効率よく使うのでしたら、ライターはお勧めです。一日300円、例えば100円のブログ3つ、50円6つと考えて、一ヶ月9000円になります。タイピングが早ければ、とにかく二倍、三倍と増やせる事は可能ですし、バイトの面接時間、採用率、それらをブログと当てはめて考えると、効率は良いです。単価や承認率の速度によって、儲からないと考えるのは少し違っていて、必ず承認されるものを幾つこの時間帯までに書いておくという計算をしておくと良いです。

 

ポイントは一日いくらという金額設定と月単位、年単位で考えた時、どれくらいお得かという事です。今、正社員より派遣パートアルバイトで生活している人や、特に経済的な事情で実家にいる人には効率は良いです。この仕事がどういうビジネス形態なのか分かっていなくても、知らなくても確実に金額が入ってくると思うと、専業も可能だと思います。単価のいいものより、文字数が少なくて、同じテーマを当て嵌めるようなものを集中して書くというのと、その内容のテーマに対して書く内容を予め考えておくと更に捗ります。

 

つまり脱毛がテーマでしたら、育毛剤、自分の髪の量、何故脱毛が起きるのかという事を、自分でテーマ別に絞っておいて、それを分けて、書くと承認率も確実です。効率と文字の穴埋めにテーマを絞って考えて、空いた1時間2時間に集中的に書くと、脱毛がテーマのブログは単価も高いですし、下手すると時給千円を超えるほどの効率になると思います。副業としてブログライターは、効率をお考えになってやられて見てください。

 

 

ヤフオクを副業として認めると余裕あるビジネスになります

婚活サイトの噂の真相をチェックするブログ

 

ヤフオクを副業にする場合の、豆知識です。これらは、やはり、ニートの人が転売と言われているシステムを考案して購入する場合と、一般の方が欲しいと思う場合に別れます。まず、リサイクル業者と転売業者は、ついて離れずの関係だとお考え下さい。ギターで有名なハードオフは、ネットが広がる前から、ギター職人達の「お小遣稼ぎ」という名前で、成功していました。

 

転売業者と少し違いますが、ギター職人達は、ギターを加工する技術を分かっていますし、楽器店と違い、ハードオフはリサイクル業者なので、メーカーに対する知識がありません。つまり、1万円のものも10万円に該当するものも、ギター職人達が作った偽メーカーのギターすらも、当時のハードオフは購入、売却していたのだと思います。

 

それは単純な理屈でハードオフで10万の価値があるものが1万で売られていて、それを直して、別店に売る。又は別口で売る。このやり方は叩かれますが、10万円のメーカーを何千円単位で制作するのに、ハードオフは調べずに、購入するという事になります。

 

僕はヤフオクや、アマゾンのアフィリエイトや、落札の理屈は分かりませんが、副業として、ジャンク扱いされているものをきれいにして、正規の購入者にピンはねして売るというのはメリットとしては高いと思います。ジャンクも様々ですが、本当に壊れてしまって楽器店も買わないのでヤフオクに売るという人もいますし、千差万別です。転売の理屈は僕自身も、それ専業の情報業者から聞いてやってみようと思っていますが、購入してみると、リペアというより、弦が錆びている、部品が少し欠如している程度です。部品はネットでも楽器店でも売っていますし、少し知識に力を入れてその楽器をきれいにして、リペア済みとして売ると一般の人も購入する確率が上がります。

 

ヤフオクの仕事を副業と考える人のポイントは、購入されないからと焦らない点につきます。専業をしつつ、確実にジャンク品を再生させ、売れるまで待つというのがポイントだと思います。

 

 

クラウドソーシングを利用した副業の魅力とは

婚活サイトの噂の真相をチェックするブログ

 

普段本業で仕事をしていてもなかなか給料も上がらず、現在の収入だけでは満足できず副業をしたいと思っている方もたくさんいらっしゃると思います。しかし本業が夜遅くまで残業だったり、日中働いて疲れた体を副業に向かわせるというのは現実的には難しいことです。実際無理をして体調を壊してしまったり、副業のバイト時間に何度も間に合わずにクビになってしまった人もたくさん知っています。

 

しかしやはりお小遣い程度でもいいからもう少しだけ収入が欲しいという方には、クラウドソーシングでの副業をおすすめします。クラウドソーシングとはインターネット上で不特定多数の人に仕事を募集して発注し、ワーカーは自分に合った仕事に応募もしくは受注し仕事をするというものです。プロのスキルを必要とするものから素人でも簡単にできる仕事の募集が数多くあり、割と手軽に取り組める副業として近年人気が出て来ています。クラウドソーシングを本業として生計を立てている方もいるほどです。

 

メリットとしてはパソコンと最低限の相さができること、インターネット環境があれば誰でも取り組むことができるということです。もちろんわざわざ勤務地へ行くこともなく、本業が終わって自宅に帰った後にその場で仕事をすることができるのです。それにより移動の時間と経費を節約することができます。

 

仕事内容はデザインを応募してクライアントが気に入った物を採用し金額が支払われるものや記事を書く仕事、インターネットで検索した結果を入力するだけといった誰でもできる単純作業などがあります。仕事量もかなり豊富で、仕事が無いというケースはほとんど無いようです。スキルや仕事内容にもよりますが、自給換算すると数千円になるケースも少なくないため、うまくすれば家に居ながらアルバイトに行く以上の副収入を得ることもできるのです。

 

なかなかいい副業がなく、どうしたらいいかと迷っている方はインターネットを使用し、クラウドソーシングでの仕事を探してみると自分に合ったいい仕事が見つかるかもしれません。

 

 

本当は希望する収入額には全然足りないけど、今の自分には一番合っている

婚活サイトの噂の真相をチェックするブログ

 

ネットでライティングの副業を行っていますが、今の自分にはこれが一番合っていると思います。始めるまでは色々な仕事を探していました。その中でも内職の仕事を探していましたが、今の内職は自宅が一軒屋ではないと商品を運んできてもらったり、出来上がった物を取りに来てもらえない所ばかりでした。我が家は三階でエレベーターもないので、仕方がなく内職はあきらめました。

 

今は子供が小さくて、未収園児が2人もいるので、働きに行く事はしていません。保育所もなかなか空がなくて、もし入れたとしても、風邪や病気で体調が悪い日も多いし、一人が体調が悪くなると必ずもう一人にも移ってしまうので、仕事をしても休まないといけない日が必ずあつので、なかなか難しいと思っています。そこでネットを使ってライティングの仕事を見つけました。色々な登録先があって、何箇所か登録しましたが、書く記事の内容が難しい物があって、なかなか毎日書ける記事がなかったり、承認されるのにチェックが厳しかったりで結局今は一箇所のところで記事を書いています。

 

難しい記事や、自分に知識がない物は書いていませんが、簡単な物であれば毎日書ける記事が見つかるので、何らかの記事は毎日書けています。収入は本当に安いです。高校生のバイトの方が桁違いに稼げますが、今は自分が外に出て働く事も、内職も住んでいる家では出来ないので、仕方がないかなあと思っています。最初は記事の報酬が本当に振り込まれているかが心配でしたがちゃんと振り込まれていて安心しました、一ヶ月に2回ほど振込みされる日があるので、本当に少ない額ですが、何となく子供が親に毎月お小遣いをもらえる日みたいで、嬉しいです。

 

少ない額ですが、今は振込みがあった日には子供のアイスを買ってあげています。本当はもう少し大きな額が欲しいですが、今の自分にはスキルがないので仕方がないかなあと思っています。しかし、一つだけ良かった事が、パソコンのタイピングが自分でも感じるくらいに早くなりました。上の子供がママすごいねえとビックリしてくれます。PTAのママさんにも褒められました。この点では自分のスキルが上がったかなあと思っています。今ではお手紙やPTAの書類は私が作っていて、一時間もかからなくてできるので、初めて良かったと思っています。もう少し書ける記事やコンペに参加できるようなスキルを身に付けたいけど難しいのが現状です。

ポイントサイトを利用して毎月数千円~一万円ほどお小遣いを稼いでいます。

 

埼玉で会社員をしています。毎月の給料にプラスしてもう少しお小遣いが欲しいと思い、去年ごろから何か副業になるものはないかと探し始めました。FXや株なども勉強してみようとは思ったのですが、あまり簡単なことではないし、元手も高くついてしまうので少しリスクが高いなと思い、別の方法を探していたところ、ポイントサイトでかなり稼いでいる人のブログを見つけました。いろいろ見させてもらったところ、その人は毎月最低一万円ほどは稼いでいるとのことで、しかも株などとは比べてリスクも低そうだったので私もポイントサイトに登録してみることにしました。

 

最初は一つのサイトに登録して、自分が稼げそうな案件をこつこつこなしていきました。1つの案件に対して数十円ほどのポイントがつく案件がほとんどなので、一万円稼ぐには相当遠い道のりかなと思われたのですが、意外と始めてみたら最初の1か月で8000円ほど稼ぐことができました。どんどんポイントが貯まっていくのが楽しくて、気が付いたら結構な額になっていたのです。そのときはちょうど欲しいものがあったのでかなり有難い副収入になりました。しかも有難いことに、本当にお金をかけずに無料でやれるので、確かにFXや株と比べると収入は低いですがその分確実に稼ぐことができました。

 

案件の内容はほとんどがアプリのダウンロードやサイトの会員登録でした。たまにクレジットカードの申し込みや資料請求などをして高額なポイントを稼ぐこともできました。そして慣れてきた今は、1件だったポイントサイトも全部あわせて3件ほどのポイントサイトに登録しています。各サイトも、限定の案件もあって、うまい人は複数のサイトに登録してくまなく案件をこなしているのだなと思いました。

 

もうポイントサイトで稼ぐことを初めて半年以上経ちますが、毎月最低でも5000円ほどは稼いでいると思います。高額ポイントの案件があったときは一万円を超えることもあり、かなりおいしい思いをさせてもらっています。有料の案件にはほとんど手をつけないので、ほとんど無料です。ほかの副業と比べると低収入にはなりますが、リスクが非常に低く気軽に始められるので、空き時間をもてあましている方などはぜひこの副業を始められることをおすすめしたいものです。

続きを読む≫ 2016/02/28 09:12:28

初めての副業サイト「クラウドワークス」さんについて

 

私は現在実家でお仕事のお手伝いをしています。でもこれでは稼げないと思い、自宅ででも出来る自分の得意とするパソコンの分野で何か出来ないかと探していたところ、テレビで「クラウドワークス」を知り、早速無料で登録が出来たので初めて見ました。色んな仕事がある中で自分に出来ることは「自分が体験してきたことを自分なりの気持ちを文章にすること」でした。タスクというお仕事で「美容関連」などがあり、そこで出来そうな依頼を探して作業をしています。

 

報酬が入るのは凄く嬉しい事なのですが、一番嬉しいのはクライアント様に承認されることです。承認されると報酬が入りますし、ありがとうボタンとかもありますし、自分の文章が役に立てる、または認められたと感じますし、もしもわからない事や困った事があるとお仕事相談所という所があるのですが、私は目立ちたくはないので直接クラウドワークスさんにメッセージを送り、質問をしています。すぐにではないですが、ちゃんと回答が返ってきて今の所スムーズにトラブルなく過ごせています。

 

仕事は好きなのですが人間関係のゴタゴタで人と接するのが苦手になり疲れてしまい、ただいま休業中なんですが、このクラウドワークスがあって良かったと思います。大変なのは800文字以上や1000文字とか打たなきゃだめだったり、非承認にされると承認率が下がってやりたかったタスクなどのお仕事が出来なくなったりする場合があるので当たり前なんですが慎重にやっています。まだまだ報酬を貰えるまで金額がほど遠いのですが、頑張って貯めていこうと思います。

 

もしも報酬がいただけるようになったら、家族などに何かプレゼントしたいと思っています。もっとこのクラウドワークス内で色々なお仕事が出来るようになりたいです。あとは、こういうお仕事がありますよ~。という内容を登録したメールに送ってくださったり、とても親切なサイトだと感じます。チャットなどもありますし、もっとここで勉強したら色々なことが出来そうだと思います。

続きを読む≫ 2016/02/28 09:12:28

結婚することが昔からの夢だった私がしたこと。

 

私は小さい頃から、早く結婚して早く子供が欲しいとずっと思っていました。でも、彼氏ができてもすぐ別れたりとなかなか続きませんでした。そんなふうにフラフラしているうちに周りの友達はどんどん結婚していき、子供も2人目3人目と産んでいてとても羨ましくて本気で婚活をしようと決意しました。常に結婚を意識し、結婚している女性はどんな人が多いか考えてみました。やっぱり家庭的で控え目で男性を立てることができる人が多いです。

 

なのでまずは結婚しても大丈夫と男性に思ってもらえるような家庭的な女性になれるように自炊をするようにしました。料理は慣れな部分もあるので毎日自炊をしてたらある程度できるようになりました。そして結婚に向いてそうな男性を探しました。あまり飲みや遊びに行かなそうな人です。遊びによく出る人はなかなか家庭に収まってくれそうもありません。

 

そして仕事ができる人を選びました。男性は結婚して一人前と認められるので仕事ができる人はある程度結婚願望もあると思います。そういう人を探して、自分の家庭的なところをアピールするのです。さりげなく身の回りのお世話をしてあげたりするのも効果的です。さりげなくするのが難しいんですけどね。料理もあまり張り切ったものじゃなくて、ささっと簡単にできるようなのが、いつもやってる感があっていいと思います。

 

さりげなくそういったお世話をしていき、結婚したらこんな感じなんだろうなと想像ができるような過ごし方をしていると結婚に対して躊躇することなくスムーズにいくと思います。

 

そして、いざ結婚を決めるときは有る程度勢いが大切です。細かいことをいちいち気にしていたら結婚に踏み切れません。嫌なところもあると思います。人間いいところばかりじゃないです。割り切って受け入れることも大切です。本当にこの人でいいのかな?もっといい人がいるんじゃないかな?など考えてもきりがありません。そうやって考えてるうちにタイミングをのがし結婚からどんどん遠ざかっていってしまいます。自分が選んだ相手なんだから信じることです。そうやって私は結婚することができました。

続きを読む≫ 2016/02/09 12:05:09

婚活パーティーは時間が勝負のサバイバルゲーム

 

テレビや雑誌でよく取り上げられている「婚活パーティー」。なんとなく出逢いに期待は出来なそうな印象でしたが、ちょっと興味があったのでいろいろ調べてみることに。そんなとき見つけたのが、テレビで見ているような婚活パーティーよりはラフに参加できる街コンのようなもの。こちらに決めて友達と私の二人で参加することになりました。確か料金は男性が8,000円、女性が2,000円ほどだったと思います。

 

開演の30分ほど前に受付をしましたが、開演時間にならないと中には入れないということで、会場の周りをふらふらしていると、人通りの少ない通りで40代くらいのおじさんと20代くらいのお兄さんが険悪ムード。よく聞こえなかったのですが、40代くらいの男性が「冷やかしなら~。」と20代の男性に注意している様子。

 

友達と「こわいもの見ちゃったね。」などと話していたら開演時間。会場はホテルの宴会場で、参加者は50人くらい。まずは男女別で列になって、順番に簡単な自己紹介からスタート。そこでさっき険悪ムードだった男性二人がいらっしゃいました。さっきの言い合いって、この婚活パーティーのことだったのかな…?そんなことが気になって、皆さんの自己紹介の記憶はありませんでした。

 

全員の自己紹介が終わったらフリータイム。ビュッフェスタイルの食事が用意してあり、周りにはテーブルとイスやソファなどが用意してありました。私たちは花より団子で食い気が勝ってしまい食事メイン。そんな中でも声を掛けてくださる男性もいて、簡単にお話をして気になればLINEの交換をするといった流れでした。

 

周りを見ていると、ほとんどが二人組同士で参加しているようでした。話が盛り上がっているグループもありましたが、一緒に参加した友達と話しているだけの方もたくさん。時間は二時間ほどだったのであっという間に終了。そのあと話を掛けてくださった男性たちと飲みに行きましたが、それっきりです。自己紹介で30~40分くらい、主催者側からの説明などで10分くらい掛かったので、実質一時間ほどのパーティーだったので時間が勝負の世界だなと思いました。

 

 

続きを読む≫ 2016/02/09 12:04:09

私の婚活記録。人見知りはパーティーよりネットの方が打ち解けやすい

 

結婚適齢期になったしそろそろ結婚したい。でも彼氏もいなければ職場は女性ばかりで出会いもない。そんな時に活用したのが婚活パーティーと婚活サイトでした。

 

婚活パーティーは様々な分野から選ぶことが出来て、20代限定だったり、高収入のみの男性とのパーティーだったりまたカジュアルなど自分が求める条件を選ぶことが出来ました。私が選んだのは20代でカジュアルなパーティーでしたが正直最悪でした。全体的に本気で婚活している感じではなくただ興味本位で集まったような人たちで早く帰りたいとさえ思いました。これに懲りて婚活パーティーに行くことは二度とありませんでした。

 

次に私が試したのは婚活サイトでした。自分のプロフィールや相手に求めるものを掲載し、それを見てサイト内でメールのやりとりをするといった内容でした。簡単メールだと無料ですが、相手とより長い文章でやり取りするためには月にいくらかお金を払う必要があり、1か月だけやり取りすることを決めました。

 

自分で相手を探すことも出来ますが女性の場合大体毎日いろんな人からメールが来るのですが、私の場合もたくさんの人からメールが来て、返信に時間がかかり探す時間がなかったのでその中で気が合う人と何通かメールをして1か月後退会しました。その際特に今後もメールしたい人にはパソコンのアドレスを教えて引き続きやり取りをしました。その1か月後一人の男性と会うことになり、数年後結婚しました。

 

婚活サイトの良いところは相手のプロフィールを前もって知ることが出来るので結婚条件にある程度近い方を探すことが出来るというところです。もちろん中には嘘をつく方もいらっしゃると思いますが何度もメールを重ねるとおかしい人は何となくわかりますし、すぐに会いたがる人も遠慮した方がいいでしょう。また誰でも彼でもコンタクトをとっている人もいるので自分の条件と合わない人は断った方がいいです。

 

気軽で便利なネットですが顔が見えない分もちろん危険も伴います。ただ一般的なことを気を付けて本気で探せばいい人に巡り合えることもあります。またネットに限らず今は街コンや様々な変わり種の合コンも開催されてますので自分に合った婚活を探してよい方と巡り合ってください。

続きを読む≫ 2016/02/09 12:04:09