仮想通貨はどうしてお金として成り立つか?

仮想通貨を代表とするビットコインで説明していくが、大きくは「ブロックチェーン」と「マイニング」がシステムを支えているのと同時に信頼を保っています。それぞれどんな働きをしているのか説明していきます。

 

ブロックチェーンとは

ビットコインはP2Pの分散型サーバーで構築され、その記録はブロックと呼ばれるひとつの固まりにトランザクションが記録されます。トランザクションとは取引情報のデータと捉えてください。非中央集権ですので、ひとつがハッキングされてデータを改ざんされても正しいとされるデータが過半数あれば、その書き換えられた情報は間違いというふうに認識されます。

ブロックチェーンは現在の銀行のように中央集権でデータを守るのではなく、攻撃されても修復できるというアイディアが採用されました。

マイニングとは

マイニングとはブロックチェーンに新しい取引情報を記録するときに、整合性を保つ仕組みです。マイニングをする人をマイナーと呼びますが、基本的にはPCがあれば誰でもマイニングに参加することが出来ます。何台もあるPCで膨大な演算をし、多数決のように正しいと承認されてから初めてブロックチェーンに記録がされるのです。

ビットコインの場合は1番最初に正しい答えを出したマイナーに報酬が与えられます。ここまでの仕組みをプルーフオブワークと呼び、現在では中国のマイニングプールがマイニング報酬を牛耳っていますので非難を浴びています。ビットコインのマイニングは専用PCの方であるasicと呼ばれる専用機を中国のbitmain社が開発し、一時期は手が出せないものになっていました。

最近では日本の大手企業GMOグループやDMMグループ、SBIの3社がマイニング事業を開始している。既に億単位での報酬を得ているが、投資額が大きいため投資金回収にはまだ時間を要することが分かります。

まとめ

細かくいえばもっと仕組みは複雑ですが、専門家レベルになってくると話がつまらなくなるのでこのへんにします。ビットコインの仕組みを勉強しながら、よく構想を練ったなと感心させられます。これまではアメリカのドルが世界の基軸通貨でしたが、仮想通貨がその代わりになる未来がくるのでしょうか。まだまだ時間がかかるでしょうね。