仮想通貨の取引所について

仮想通貨を取引するには取引所に日本円を入金する必要があります。機能的には銀行口座に近いので混乱することもないでしょう。日本円を入金できたら、欲しい仮想通貨を購入することができます。保持した仮想通貨が値上がり、売却して日本円に換金すれば自分の銀行口座に出金することも容易にできます。これが仮想通貨取引所の機能です。

では、いざ調べてみると取引所はたくさんあります。人気はbitFlyerやZaif、2018年ではDMMグループが参入してきました。さらに同年の夏を目途にSBIも取引所をオープンさせる予定があります。2017年5月に改正資金決済法が改正され、仮想通貨の取引所は金融庁へ登録が必要になりました。

海外の取引所では100種類もの仮想通貨の売買がされていますが、日本ではホワイトリストと呼ばれるものに仮想通貨が登録されないと上場できない決まりになっています。これは中国などが作る詐欺コインで、実質的にはなんの機能もなくお金だけ集めて逃げてしまう詐欺が流行った影響もあります。主に日本では時価総額が高い仮想通貨に絞られ取引ができるようになっております。