結婚することが昔からの夢だった私がしたこと。

結婚することが昔からの夢だった私がしたこと。

結婚することが昔からの夢だった私がしたこと。

 

私は小さい頃から、早く結婚して早く子供が欲しいとずっと思っていました。でも、彼氏ができてもすぐ別れたりとなかなか続きませんでした。そんなふうにフラフラしているうちに周りの友達はどんどん結婚していき、子供も2人目3人目と産んでいてとても羨ましくて本気で婚活をしようと決意しました。常に結婚を意識し、結婚している女性はどんな人が多いか考えてみました。やっぱり家庭的で控え目で男性を立てることができる人が多いです。

 

なのでまずは結婚しても大丈夫と男性に思ってもらえるような家庭的な女性になれるように自炊をするようにしました。料理は慣れな部分もあるので毎日自炊をしてたらある程度できるようになりました。そして結婚に向いてそうな男性を探しました。あまり飲みや遊びに行かなそうな人です。遊びによく出る人はなかなか家庭に収まってくれそうもありません。

 

そして仕事ができる人を選びました。男性は結婚して一人前と認められるので仕事ができる人はある程度結婚願望もあると思います。そういう人を探して、自分の家庭的なところをアピールするのです。さりげなく身の回りのお世話をしてあげたりするのも効果的です。さりげなくするのが難しいんですけどね。料理もあまり張り切ったものじゃなくて、ささっと簡単にできるようなのが、いつもやってる感があっていいと思います。

 

さりげなくそういったお世話をしていき、結婚したらこんな感じなんだろうなと想像ができるような過ごし方をしていると結婚に対して躊躇することなくスムーズにいくと思います。

 

そして、いざ結婚を決めるときは有る程度勢いが大切です。細かいことをいちいち気にしていたら結婚に踏み切れません。嫌なところもあると思います。人間いいところばかりじゃないです。割り切って受け入れることも大切です。本当にこの人でいいのかな?もっといい人がいるんじゃないかな?など考えてもきりがありません。そうやって考えてるうちにタイミングをのがし結婚からどんどん遠ざかっていってしまいます。自分が選んだ相手なんだから信じることです。そうやって私は結婚することができました。